昨年同様、日管協フォーラムにてお話をさせて頂きました。

普段は大家さんを対象に講演させて頂く機会が多い中、不動産管理会社さん向けの講演はとても新鮮ですね。

会場内は嬉しいことに満席&立ち見でございました。300名近い方々に興味を持っていただきお話を聞いていただきました。

今回お話しした内容は、管理会社さんでもマネできそうな管理法のお話。

キーホルダーをつけた鍵渡しは、ぼくが3年ほど前から行っているアイデアで、このキーホルダーが住人さんと大家である私のコミュニケーションを作ってくれます。

このほかにも「笑顔特約」「季節のあいさつ」のお話などをさせていただきました。

多くの方に共感していただけたようで、沢山のお礼のメッセージや取材の依頼をいただきました。

ぼく自身伝えられるコトはすべて伝えることにしています。

今やっていることは今だから出来ることかもしれない。

アパレル業界での経験がそこにはあります。

流行りものは鮮度が大事!今じゃなきゃ出来ないスタイルを続けていくことが大切だと思います。

ですのでもっともっと新しい方法、アイデアがありますし、そしてトライするべきだと思いますね。

昨年同様、今年も日管協の塩見さんにお声掛けいただき、全国賃貸新聞社編集長の永井ゆかりさん、そして鹿児島にて「デキる大家アカデミー」を主催するリッキー(久保力也)と共にお話しできました。

有り難うございます。

一つでも役に立てることがあれば、またおしゃべりをさせていただければと思います。

 

セミナー講師やります!